会社概要

第3期行動計画(女性活躍推進法)

第3期行動計画(女性活躍推進法)

女性社員が仕事に対して積極的に向き合い、長期的な視点を持ちながら、能力発揮・キャリア形成ができるよう、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2020年4月1日 ~ 2022年3月31日


当社課題

女性の配置や能力発揮・キャリア形成が難しい

  • 部署や職種によって時間外労働に差がある。
  • 勤続年数の男女差は少ないが、管理職に女性社員がいない。
  • 管理職のワーク・ライフ・バランスが推進されておらず、女性社員にとって、仕事と家庭の両立がしづらく昇進希望を持ちにくい。

定量的目標

  • 新任特別管理職を対象とした社員(部下)のスキルアップ支援に係る研修を100%実施する。
  • 管理職の年間平均有休取得率を70%以上とする。
  • セクシャルハラスメントを含めた各種相談窓口の相談件数を5件以下とする。

取組内容

管理者に対し、育児短時間勤務取得者(部下)の能力開発や人材育成を促進するための教育を実施する。

  • 2020年9月~ 新任特別管理職研修の実施

管理職発信による、ワーク・ライフ・バランスの取れた職場風土の醸成

  • 2020年7月~ 管理職に向けた有休の計画取得(率先取得)の依頼
  • 2020年9月~ 取得実績(事業所単位)の公開

セクシャルハラスメント等を含めた各種相談窓口の周知、啓蒙活動の実施

  • 2020年 7月~ 相談窓口の周知
  • 2020年12月~ 人権週間等を利用した各種啓蒙活動の実施

女性活躍の現状に関する情報公開

2020年4月1日

・セクシャルハラスメントに関する各種相談窓口への相談状況
(男性:0件、女性:0件、うち派遣社員 0件)

・男女の平均勤続年数の差異:1年
(男性:平均17年、女性:平均18年)