採用情報

採用情報

未来に向け、チャレンジし続ける人材を求めます!

原電エンジニアリング株式会社 取締役社長 野中 洋一

 原子力発電の黎明期であった1957年に、当社原電エンジニアリング㈱の親会社である日本原子力発電㈱(以下「原電」)が誕生しました。
 当時、原電が手掛ける事業には、常に「我が国初の」という枕言葉がついており、原子力発電のパイオニア会社として、その存在感を誇示していた時代でした。

 東海発電所、敦賀1号機の建設、運転はもとより、地震国である我が国の実情に合わせた耐震設計、原子力損害賠償問題への対応など、幾多の課題に果敢に挑戦してきました。
 この時代に培われたDNAは、原電グループの一員である当社にも確実に引き継がれております。

 今、原子力発電は第二の黎明期を迎えております。
ただ、同じ黎明期とはいえ、かなり違った様相を呈しており、3.11福島第一原子力発電所の過酷事故は、かつて、夢のエネルギーともてはやされていた原子力発電に、強烈なネガティブイメージをもたらしました。

 とりわけ、放射能の大量放出による住民避難により、社会不安をもたらすエネルギーであるという印象さえも与えてしまいました。
 最早、原子力発電が以前と同じ姿に戻ることはあり得ません。とすれば、第二の黎明期にいる我々が、自らの手で未来をつくりあげなければなりません。

 今こそ、当社に脈々と息づく"パイオニア精神"を発揮する時でもあり、黎明期であるが故に、白紙からのチャンスでもあります。
 事故によって廃炉となった福島第一発電所にその糸口があります。前人未到のナショナルチャレンジだからです。そこで存在価値が認められれば、当社発展の原動力につながることになります。

 既に、福島において、原子力発電一筋で培ってきた当社の焼却炉運転、化学分析、放射線管理、安全・品質管理などに関する経験や知識が、周囲から評価されつつあります。
 引き続き、高い品質の役務を提供できるよう、技術・技能に磨きをかけるとともに、他に学ぶことを通じ、より広範な知識、経験を身につけていかなければなりません。

 また、事故により原子力発電所の安全確保に対する新たな考え方や、新たな設備の導入などが進められており、今後の発電所の運転には、多くの場面で当社が培ってきた技術の活用が期待されています。

 2016年4月から電力小売り全面自由化が始まり、「電力システム改革」は、原子力発電事業の在り方をも大きく変えて行くことと思われます。
 このような時代の変革期にあって、当社は福島をはじめとする原電グループ以外の事業において、広範かつ斬新な視野をもって新たな事業を開拓して行く姿勢が求められています。

 それを実現するためには、抜本的なコスト改革、人財改革、組織改革、請負改革等を通じ、今後ますます激しくなるであろう競争社会を生き抜いていくことを覚悟しなければなりません。

 さらに、将来的には親会社である原電の国際展開や廃止措置事業などの分野において、当社が果敢に挑戦していくというシナリオも想定されます。

 このように、当社原電エンジニアリング㈱の仕事は、チャレンジングであり、クリエイティブであり、イノベイティブであります。当社では、これらの"パイオニア精神"に満ち溢れ、逆境をはねのける不撓不屈の魂をもった若者の活躍を求めています。

 是非エントリーを!

原電エンジニアリング株式会社
取締役社長 野中 洋一

募集要項

3月1日より2018年春の新卒採用募集を開始しております。応募に関しては、以下をご確認ください。

募集職種

放射線管理・発電所設備の運転・保守・修繕・設計・施行管理・保全・土木・建築・化学分析・技術解析・ITソリューション 等

募集人数

5名~10名程度

募集学部等

技術系学部(機械・電気・建築・土木・原子力・化学・IT 等)

会社説明会・見学会のごあんない

以下の日程で、会社説明会・見学会を予定しております。この機会に是非ご参加ください。

支  社 日  程 備  考
本店(東京御茶ノ水) 随時受付中 アクセスはこちら
東海支社(茨城県東海村) 随時受付中 アクセスはこちら
敦賀支社(福井県敦賀市) 随時受付中 アクセスはこちら
福島事業センター(福島県双葉郡) 随時受付中 アクセスはこちら

エントリーについて

エントリーから内定までのスケジュールは概ね下のとおりです。ただし、多少ずれ込むことも考えられます。あらかじめご了承ください。

  • 申込み
    • ・会社見学・説明会への参加(希望者)
    • ・エントリーシート提出(卒業見込証明、成績証明書)
  • 採用試験
    • ・筆記(数学・英語・一般常識)
    • ・面接(一次、二次)
  • 内定通知
    • ・内定通知(電話&通知)
    • ・承諾書の提出

お問い合わせ・連絡先

〒101-0062
東京都千代田区駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル11F
原電エンジニアリング株式会社
総務部 人事・労務グループ 宮本、植本
Tel; 03-6371-4820 MAIL;saiyo@gnesc.co.jp